PORSCHE 911 GT3

PORSCHE 911 GT3

2017年11月14日火曜日

Carrera S 997 Mk-1 5速AT LH ガンメタ前期カレラS 3,8 を 997 後期仕様へとプチカスタムです。Ver-2















Carrera S 997 Mk-1 
5速AT LH ガンメタ前期カレラS  3,8 を   
997 後期仕様へとプチカスタムです。

Ver-2  



2005年式デザイン
前期モデルのCarreraS  3,8 ガンメタを、
2009年以降の997後期仕様へと
カスタムモディファイで御座います。

惚れ込めるようなデザインにこそ小さな愛は芽生える!

テーマは最小限度の投資で最大限の変化と喜びを!
シニア層向けにカスタム費用を抑え、
コストパフォーマンスを重視させながら、
純正スタイルから大きく掛け離れない程度の、
軽いプチ911カスタム仕様を目指します!

中古相場300万円台後半〜500万円台後半で入手出来る
ポルシェのスポーツクーペクラシカルな997前期モデルを、
600万円台〜900万円台のグレードは同じく年式違いの997後期仕様へと、
近代的にプチ背伸びでエクステリア周辺をお約束の大変身なのです。


997シリーズは前期と後期では一見パッと観も同じようでも、
細部やフォルムが結構違って観得ますからこれまた不思議です!
個人的には水冷ポルシェ6代目 911シリーズの中では、
この997後期の造形デザインがストライクゾーンで好きなのです。

911は欲しいと思うが何が良いのか?と良く聞かれます。
空冷エンジン搭載の964シリーズや993シリーズは、
プレミアムが強過ぎて手に届かない領域へと深化して行きました。

個人的には911シリーズであれば、
997後期モデルがお薦めで御座います。
製造年月日としては、
2008年10月以降〜2011年10月くらいのモデルを指します。

997後期マニアと呼ばれるくらい完成度も高く
ある意味 入手後の整備メンテナンスや、
交換部品に対するコストが掛かりません!
潜在的には憧れの強い911シリーズなのかも知れません!

この2005年式のCarrera  S  3,8ガンメタ、
本当は997  MK−2後期カスタムモディファイでも、
憧れの GT-3  カスタム仕様にさせる予定でしたが、
急遽 千葉の石森さんのホワイトポルシェ997ワイドが入庫、
マシンは後期Carrera  4S   ワイドを、
念願のGT3 RS羽根無しカスタムにさせるために
ストックさせていた貴重なGT3 フロントバンパーASSY
GT-3  RS  CUP専用を 石森さんへ使用させる事になりました。

本来であればリアだけはそのまま引き続き、
前期用の本物GT3RS 3,6のレーシングマフラーASSYが、
ストック在庫で運良くも1SET 御座いましたから、
4本出しマフラー構造から、
中央センター出しマフラー仕様の
GT3スタイルへ変更予定でした。

、、、、、、、、が残念ながらGT3とカレラSでは、
シリンダー構造が微妙に違いました。
マニホールドの固定フランジ形状が、
これまたボルトの固定本数を含め、
微妙に違いGT3スタイルへ変更予定装着を断念です!

センター2本出しマフラーが装着出来ない環境という事は、
GT3 エアロの装着は出来ないという事を意味します!

ということで、
仕方なく後期仕様のCarrera  S  ノーマルバンパーを仮装着です。
正式装着は違う白い後期仕様の2010年式車両の中古パーツ、
Carrera  S  ノーマルバンパーを他で流用スタンバイです。
それを多少加工させて色塗り装着に切り替えです。

一旦は シンプルな純正後期仕様へと仕上げます。

フロントは997後期標準バンパーを装着です。
GT3風のメッシュスタイルへと加工で御座います。
2本の羽根構造でお馴染みのダクト前に設けられた、
純正フィン構造を取払い、
裏側の平面加工でメッシュダクトスタイルへと変更です。
リップスポイラーも純正のゴムラバーモール3カ所の装着で、
ツートン塗り分けで下の部分を艶有りブラックで境界線下からペイントです。


ここから今度は、
電装関係の抵抗器モジュールの製作に移ります!
後期LED仕様にさせるためには、
前後左右のコンデンサーの製作が必要となります。

リアの純正エンドマフラーは、
マフラーカッター2本出し構造の左右ツインで色塗りです!
クロームシルバーから耐熱のピアノブラックでペイントで御座います!
バンパー下のラインは同じく艶有りのブラックで仕上げます!



997 MK-2仕様   将来の変更点

現在の純正の19インチから、
只今製作中のAFF  SPORTS CLASSIC  
19  FORGED 鍛造アルミへ4本全部を交換させる予定です。
サイズは フロント 8,5J-18  
リアはワイド用 11J-19  インセット47を予定しています。

HEADライトの変更  
ヘッドライトをダイナミックコーナーランプ式の
オプション設定のツインプロジェクター構造へ左右変更予定。

ブレーキシステムの変更
PCCB  6ポッドイエローブレーキシステムをフロントのみ交換予定
現在のは純正ポルシェ4ポッドキャリパーに色を塗っただけの組み合わせです。
このローターの小ささはポルシェに詳しい観るヒトが視れば一発で見抜かれます!


ミラーをMK-1仕様から少し大きめな
MK-2後期仕様へアウターケースとミラー部を交換させる予定です。

そして最終的にはリアGT3  エンドマフラーでセンター出し構造へ
そしてエアロはお約束のGT3  リアバンパーへと入れ替えです。
こちらは既に色塗りも済ませパーツはスタンバイ済みで御座います。

フロントセクションも同じく多少お時間は掛かりますが、
いつかは997後期のGT3のフロントバンパーへと交換予定です!



Toshifumi  Kako